出資法4条の5%には成功報酬だけでなく着手金も含まれるか

◯事案の概要
融資サポートサービスを業務化しようと考えているが、出資法との兼ね合いについて相談したい

◯相談内容
自身の業務の1つとして融資サポートサービス(融資を受けたいと考えるお客様に対しての申請や計画作りのサポートを実施)を考えております。

これの報酬額を検討しているのですが、出資法第4条によれば、貸借の金額の5%を超えられません。また、同条第3項に「礼金、調査料その他いかなる名義をもつてするかを問わず、手数料とみなして前二項の規定を適用する。」とあります。

とすると、いわゆる成功報酬部分のみならず、着手金も含めて借入金の5%以内に総報酬を設定する必要があるという解釈でよろしいでしょうか。

◯菰田弁護士の回答
そうなりますね、融資を受けるためのサポートでもらえる報酬総額は融資額の5%以内でないといけませんので、着手金10万円、報酬金5%となると、オーバーしてしまいますね。着手金まで含めて5%以内におさめなくてはなりません。(完全成功報酬だと5%、着手金ありだと3%とかが相場観ですかね。)

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 葬儀社とお焚き上げ料

  2. 管理費用がかかる相続財産を処分したい

  3. 包括遺贈または遺言と被相続人名義の預金口座の取扱について

  4. 受任者の押印がない委任状は正式な効力があるといえるか

  5. 外国人の刑事記録を取るにあたり、婚約者は「正当な理由がある」者といえる…

  6. 新民法1046条の解釈について

  7. 遺言者が死亡したときよりも先に遺言執行者が死亡している

  8. 業務を外注したいが、顧客を取られるリスクを防ぎたい

PAGE TOP