雇用契約で約束している祝日の解釈について

◯事案の概要
雇用契約で土日祝を休みとしている場合、2019年4月30日・5月1日・5月2日も所定休日とする必要があるか

◯相談内容
雇用契約で土日祝を休みとしている場合、2019年4月30日・5月1日・5月2日も所定休日とする必要がありますか?

私としては、雇用契約で約束している祝日は毎年同じように休みになる祝日と考えております。つまり、今年のように特別に設定された祝日は所定休日と見なくても良いのではないか?と考えているのですが、無理な解釈でしょうか?

◯菰田弁護士の回答
国民の祝日に関する法律では、祝日と休日を明確に分けて規定しています。今回で言うと5月1日は祝日なのですが、祝日に挟まれている4月30日と5月2日に関しては、祝日ではなく法律上休日扱いです。

ですので、国民の祝日・休日と就業規則に記載されていれば、今回は全てお休みになりますが、祝日しか書かれていないのであれば飛び石連休でしょうね。

ちなみに、祝日が日曜日に当たった場合の振替休日についても、国民の祝日に関する法律上は休日扱いとなっています。ですので、同じ論理だとカレンダー上赤字になっていますが、祝日しか就業規則に記載していない会社では振替休日は出勤日となりますので、その辺も精査してみてください。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 入社日からの未払い賃金を請求してきた従業員への対応

  2. 社労士以外が死後事務委任契約業務として年金関係の手続きを行うことはでき…

  3. 全体の雇用期間が1年に満たない労働契約の雇止めと解雇権乱用法理

  4. 喫煙者を採用したくない

  5. 賃金規程上は「基本給は本人の能力・勤務実績により決定する」とだけ記載し…

  6. 毎年4月になると休暇を申し出ていた労働者への休業手当の支給

  7. 会社宛に従業員の給与差押えの通知が来た

  8. 1年単位の変形労働時間制における法定休日及び法定外休日の振替について

PAGE TOP