退職後の役員への損害賠償の可否について

◯事案の概要

取締役が退任後、法人と「互いに今後は関わりを持たない、業務執行に関する責任は問わない」ということを書面によって約束し、(辞任後です)AB間において「一切の債権債務は存在しないものとする」という合意書を作成した

◯相談内容

A社の取締役Bが、業務執行において諸々問題があって辞任による退任をしました。

その際、A社と元取締役Bとの間で「互いに今後は関わりを持たない、業務執行に関する責任は問わない」ということを書面によって約束し、(辞任後です)AB間において「一切の債権債務は存在しないものとする」という合意書を作成しています。

その後、Bの取締役期間中の競業取引が発覚しました。こちらについて、合意書があったとしても責任追及が可能でしょうか。

私の見解としては、過去の不明瞭なものを含め合意をしてしまっているので、後出し的に責任追及は出来ないと考えますが、如何でしょうか?

◯菰田弁護士の回答

先生の認識で間違いないと思います。合意書を拝見してみなければ何とも言えないところですが、発覚している不祥事に関してという限定が付されていないのであれば、やはりお互いに何にも債権債務はないという確認をされている状況です。その前提であればやはり難しいと思います。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 正社員雇用に先立って有期契約を結び期間満了となった場合、試用期間とみな…

  2. 株主に対する法的な回答義務があるか

  3. 準社員が無期転換を希望した場合に正社員契約になるという規定は可能か

  4. 週の所定労働時間を定めずに就労させている労働者の社会保険料の計算方法

  5. 競業避止禁止の誓約書を取りたいが、どの程度の金銭的な対価が必要か

  6. H31年5月の10連休の解釈について

  7. 一般社団法人で役員報酬ではなく一般職員として給料を払う場合、最低賃金の…

  8. 同族会社で自社株を買い増しする際、株主総会を通さずに取締役会のみで進め…

最新記事

PAGE TOP