毎年4月になると休暇を申し出ていた労働者への休業手当の支給

◯事案の概要

3月末から仕事がないため労働者を休業させている会社があるが、例年休暇を取る習慣がある社員に対しても休業手当を支給するべきか

◯相談内容

顧客から、「3月末から仕事がないため労働者を休業させている」という相談を受けました。休業手当を支給するのですが、労働者の1人が毎年この時期、本来であれば出勤日の日に数日、休暇を求めていたそうです。

今年も、本来であれば出勤日であるはずの日に休暇を取っていたとのことでこの日にも休業手当を支給するかを質問されています。

・事前に会社が先にこの日は休業させると決定していたのであれば、休業手当を支払う
・事前に労働者が先にこの日に休ませてほしいと申し出て、了解していたのであれば休業手当は支払う必要はない

このように回答するつもりなのですが、この考え方で合っておりますでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

はい、先生の考えで間違いないと思います。

例年がそうであっても、今年も100%休暇を取るかどうかは分かりませんので、例年休暇を取っていたからといって休業補償を払わなくて良くなるわけではないですね。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 社会保険に対する請求権の時効の起算日

  2. 派遣事業の免許取り消し処分の対策について

  3. 身元保証書の提出を拒否してきた内定者を不採用にするときのリスクについて…

  4. 退職後の役員への損害賠償の可否について

  5. 半日有給の時間数が午前と午後で異なることに不満を持つ従業員への対応

  6. 役員に就任したときではなく実際に退職したときに退職金を支給したい

  7. 準社員が無期転換を希望した場合に正社員契約になるという規定は可能か

  8. 出勤した後現場に向かう際の移動時間も給与対象としたい

最新記事

PAGE TOP