第三者のためにする契約の契約書には所有権留保と履行の引受に関する規定が必要か

◯事案の概要
第三者のためにする契約について、所有権留保と履行の引受に関する規定が入っていない売買契約書で取引を進めることに問題はないか

◯相談内容
売買契約書の特約条項に基づき、いわゆる「第三者のためにする契約」により、現登記名義人から受益者へ直接の所有権移転登記を行います。私が参考にしている書籍によれば、所有権留保と履行の引受に関する規定も特約として記載すべきと説明されています。

ただ、要件事実としては既存の契約書の内容で十分であると考えており、所有権留保と履行の引受に関する規定が入っていない売買契約書で進めてしまっても問題ないと考えますが、いかがでしょうか?

◯菰田弁護士の回答
確かに先生のおっしゃるとおり、要件事実的にはこれで足りるでしょう。
所有権留保については、売主に所有権を留保しておいて、誰に所有権を移転するのか何らの指定もないままに代金を支払った場合でも、ちゃんと指定がなされてから移転させるための条項です。その方が紛争になりにくいからですね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 創業者間の株主間契約書を規模が拡大した時に作成したい

  2. 契約書の有効性について

  3. 賃貸人変更について賃借人への通知のみで良いか、賃借人の署名押印が必要か…

  4. 株式売買契約書の譲渡代金の入金日付より遅延して入金しても譲渡の効力はあ…

  5. 遺産分割協議書の土地の図面が不明確なため土地所有権の移転登記ができない…

  6. 株式交換で親子会社関係を作るときの課税について

  7. 最適な増資方法について

  8. 契約書完成後に契約日付が変わったため捨印で修正するときの問題点

最新記事

PAGE TOP