取締役として訴訟の場などに出ることは、非弁行為にあたらないか

◯事案の概要
取締役として訴訟の場などに出ることは、非弁行為にあたらないか

◯相談内容
士業が取締役となっている会社で訴訟に発展した場合、取締役として訴訟の場に出るのは非弁行為にならないと思いますが、いかがでしょうか。

◯菰田弁護士の回答
あくまで取締役として出れば問題ありません。別に非弁を掻い潜るために取締役になってるわけではなく、単に元々取締役だったわけですから問題ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 代表取締役からの顧問税理士に対する会計資料の全部開示が拒否された

  2. 手塚宏樹様(司法書士)LEGALMAGIC会員様インタビュー

  3. 内容証明の文面と行政書士の業際問題について

  4. 契約書完成後に契約日付が変わったため捨印で修正するときの問題点

  5. 株式交換で親子会社関係を作るときの課税について

  6. 出資額を株数で割って1株あたりの株価を決定するときに割り切れない場合の…

  7. 株式売買契約書の譲渡代金の入金日付より遅延して入金しても譲渡の効力はあ…

  8. 限定承認手続きにおける鑑定人の未上場株式の評価基準について

PAGE TOP