取締役として訴訟の場などに出ることは、非弁行為にあたらないか

◯事案の概要
取締役として訴訟の場などに出ることは、非弁行為にあたらないか

◯相談内容
士業が取締役となっている会社で訴訟に発展した場合、取締役として訴訟の場に出るのは非弁行為にならないと思いますが、いかがでしょうか。

◯菰田弁護士の回答
あくまで取締役として出れば問題ありません。別に非弁を掻い潜るために取締役になってるわけではなく、単に元々取締役だったわけですから問題ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 内容証明の文面と行政書士の業際問題について

  2. 株式譲渡資金を法人設立日より前に振り込んだ場合の株式譲渡契約書の記載に…

  3. 誹謗中傷対策業務に関し、業際問題に抵触しないよう注意すべき点

  4. 株式売買契約書の譲渡代金の入金日付より遅延して入金しても譲渡の効力はあ…

  5. 契約書完成後に契約日付が変わったため捨印で修正するときの問題点

  6. 自筆証書遺言について

  7. 遺産分割協議書の土地の図面が不明確なため土地所有権の移転登記ができない…

  8. 第三者のためにする契約の契約書には所有権留保と履行の引受に関する規定が…

PAGE TOP