取締役として訴訟の場などに出ることは、非弁行為にあたらないか

◯事案の概要
取締役として訴訟の場などに出ることは、非弁行為にあたらないか

◯相談内容
士業が取締役となっている会社で訴訟に発展した場合、取締役として訴訟の場に出るのは非弁行為にならないと思いますが、いかがでしょうか。

◯菰田弁護士の回答
あくまで取締役として出れば問題ありません。別に非弁を掻い潜るために取締役になってるわけではなく、単に元々取締役だったわけですから問題ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 新しい権利者に対する覚書きの効力について

  2. 会社債務の連帯保証人となっている代表取締役が退任する

  3. 創業者間の株主間契約書を規模が拡大した時に作成したい

  4. ストックオプションにベスティング条項を付与することについて

  5. SOを発行する前提で監査役の報酬額改定議案を併せて決議する必要があるか…

  6. 株式移転計画書に資本剰余金についての具体的な記載がなくても問題ないか

  7. 株式譲渡資金を法人設立日より前に振り込んだ場合の株式譲渡契約書の記載に…

  8. 農地法の5条許可は誰との間に必要となるのか

最新記事

PAGE TOP