週の所定労働時間を定めずに就労させている労働者の社会保険料の計算方法

◯事案の概要

週の所定労働時間を定めずに就労させているパートタイマーがいるが、社会保険料の計算をどうしたらよいか

◯相談内容

ある会社から、週の所定労働時間を定めずに就労させているパートタイマーがいるが、社会保険料の計算をどうしたらよいかという相談を受けております。社会保険料の計算はともかく、日々・週の所定労働時間を全く定めない労働契約というのがあり得るのかという点で悩んでおります。

概要としては、とりあえず、毎日出勤してもらい、やることがあればその分だけ働いてもらう、ただ、それが日によって4時間の時もあるし6時間の時もあるという形のようです。契約としてはあり得るとも思いますが、労基法第15条(労働条件の明示)に抵触するのではないかと考えます。

まず、問題となるかについて、そして、抵触する場合どの程度まで労働時間を特定する必要があるかという点についてご指導いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

◯菰田弁護士の回答

おっしゃるとおり、労働条件が明示できていないことになりますので、労基法に違反しますよね。
確かに、民法上の雇用契約においては、労働時間は要件事実ではないので、民法上の雇用契約は成立します。ただ、労基法違反という状況です。なので、ここは便宜的にでもいいので、基本となる所定労働時間を決めてもらうしかないですね。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 助成金申請における帳簿の不正のリスクヘッジについて

  2. 出張時に従業員が死亡した場合、会社加入の保険金はどう分配するか

  3. 被相続人の土地が競売にかけられたとき、原因となった相続人に対して損害賠…

  4. グループ会社に出向した社員が出向先に転籍を望んでいる

  5. 助成金申請における帳簿の不正のリスクヘッジについて

  6. 賃借人が賃料を管理会社ではなくオーナーに直接支払いたいといっている

  7. 賃貸人変更について賃借人への通知のみで良いか、賃借人の署名押印が必要か…

  8. 自筆証書遺言書に特定がない財産の相続手続きについて

最新記事

PAGE TOP