合同会社の利益配当について

◯事案の概要

年4回配当したいと考えている合同会社について、年1回の決算期以外の場合はどのような手続きが必要か

◯相談内容

合同会社で、年4回配当したいと考えている会社があります。

会社法上、合同会社においては、社員はいつでも利益配当を請求できますが、年1回の決算期以外の場合はどのような手続きが必要なのでしょうか。

決算期の場合は、経理処理→期末までに決算の承認(総社員の同意書作成)→2カ月以内に確定申告→1~2カ月内に配当の支払いとなるかと思います。

決算期以外の場合は、経理処理→月末締め日までに決算の承認(総社員の同意書作成)をして、確定申告はせず、月末締め日から1~2カ月内に配当の支払いとなるという理解でよろしいでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

利益配当についても定款自治が認められていますので、先生が書かれた流れでも問題ありませんし、手続きは会社の自由ですよ。

ただ、利益額の範囲内でしか配当はできませんので、そこだけ守れば問題ありません。結局、利益額の範囲内かどうかの判断をするためにも、会計は締めないと判断できませんので、そこは必要ですね。

総社員の同意を要するかどうかも定款自治の問題となります。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 賃貸人変更について賃借人への通知のみで良いか、賃借人の署名押印が必要か…

  2. 減給の対象となる「1事案」について

  3. 健康診断費用の負担内訳は事業主側が就業規則等で決められるか

  4. 雇用調整助成金受給中の会社で退職者が退職勧奨を主張している

  5. 建物の所有者が亡くなり、相続人が全員相続放棄をした

  6. 正社員雇用に先立って有期契約を結び期間満了となった場合、試用期間とみな…

  7. 会社債務の連帯保証人となっている代表取締役が退任する

  8. 見舞金規程がないが、見舞金を従業員に支給したい

最新記事

PAGE TOP