合同会社の利益配当について

◯事案の概要

年4回配当したいと考えている合同会社について、年1回の決算期以外の場合はどのような手続きが必要か

◯相談内容

合同会社で、年4回配当したいと考えている会社があります。

会社法上、合同会社においては、社員はいつでも利益配当を請求できますが、年1回の決算期以外の場合はどのような手続きが必要なのでしょうか。

決算期の場合は、経理処理→期末までに決算の承認(総社員の同意書作成)→2カ月以内に確定申告→1~2カ月内に配当の支払いとなるかと思います。

決算期以外の場合は、経理処理→月末締め日までに決算の承認(総社員の同意書作成)をして、確定申告はせず、月末締め日から1~2カ月内に配当の支払いとなるという理解でよろしいでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

利益配当についても定款自治が認められていますので、先生が書かれた流れでも問題ありませんし、手続きは会社の自由ですよ。

ただ、利益額の範囲内でしか配当はできませんので、そこだけ守れば問題ありません。結局、利益額の範囲内かどうかの判断をするためにも、会計は締めないと判断できませんので、そこは必要ですね。

総社員の同意を要するかどうかも定款自治の問題となります。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 競業避止義務違反と秘密保持

  2. 法人税が支払えないため倒産を考えている会社への対応

  3. 破産手続き中だが滞納している水道光熱費などを支払いたい

  4. 被相続人の土地が競売にかけられたとき、原因となった相続人に対して損害賠…

  5. 自動車修理費用の支払いがなく、内容証明郵便を送ったが返送されてきた

  6. 就業時間中に会社を離れる社員の対策として、会社の出入り口を監視する防犯…

  7. 週の所定労働時間を定めずに就労させている労働者の社会保険料の計算方法

  8. 下請けの債務不履行責任について

PAGE TOP