賞与の減額について賞与規程に明記したい

○事案の概要
賞与支給日以降の退職予定がわかっている場合に賞与の減額を行うとすれば、賞与規程に「減額する」旨の明記をしてもよいか

○相談内容
賃金後払的性格が強い夏季、冬季賞与にて、支給日以降の退職予定が予め見込まれている場合において減額を行いたいとするならば、規程条項内に将来の勤務期待性を盛り込んだ上で、「20%減額を行う」と明記しても良いでしょうか?

○菰田弁護士の回答
賞与計算期間中に20%減額するほどの事実があれば減額して構いませんが、1日欠勤しただけで20%減額する理由は全くないと思います。仮にあり得るとしたら、賞与の算定要素として「皆勤」が挙げられ、その皆勤での評価分が20%程度あるという建付けでしょう。

そのため、通常の賞与算定要素(日常的な勤務に対する評価)60%、皆勤手当て等が存在しない会社だから賞与で皆勤の要素を20%、将来への期待として20%という建付けにすれば、論理的には1日欠勤で20%減額が可能かもしれません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. グループ会社に出向した社員が出向先に転籍を望んでいる

  2. パワハラの被害を理由に数日業務を行わない従業員の賃金について

  3. 年次有給休暇の買い上げ限度日数についてのご相談

  4. 事業譲渡に伴う退職理由は「解雇」か「転籍」か

  5. 所定労働日数の判断の仕方について

  6. 在職中に死亡し、未支給給与がある社員の親族を名乗る人物への対応方法につ…

  7. 全体の雇用期間が1年に満たない労働契約の雇止めと解雇権乱用法理

  8. 在宅勤務で生じるコストを労働者負担にしたい

最新記事

PAGE TOP