助成金申請における帳簿の不正のリスクヘッジについて

◯事案の概要

助成金申請における帳簿の不正のリスクヘッジとなる文言を契約書に入れたい

◯相談内容

キャリアアップ助成金等の申請代行をしていると賃金台帳や出勤簿等、事業主から提出されたものを基に申請しますが、この際提出された帳簿類に偽造があった場合、不正申請となり代理人である社労士も責任を問われることにリスクを感じております。(そもそも不正を行いそうな事業主の案件はパスするようにしていますが、それでも可能性は残ります。)

リスクヘッジとして下記条文を助成金申請代行の契約書に入れておりますが、この場合でも、不正に巻き込まれた場合は役所からの懲戒の対象になってしまいますか?

「業務処理等に当たって、甲より提出された情報、帳票類を真正なものとして乙は処理を行う。提出された書類が虚偽であった場合の責任を乙は負わない。」

◯菰田弁護士の回答

そこまでしかやりようがないですよね。
クライアントが提出してきたものは真実に基づくという前提で業務を行い、結果としてそれが虚偽だったのであれば、それを食い止める術はありません。労働局としても、その社労士が虚偽であることを把握しつつ申請を行ったことが立証できないと何もしようがありませんから、何かよほど疑わしいことがない限りは大丈夫です。

「クライアントは嘘をつくかもしれない。それに巻き込まれたくない。」ということを突き詰めていくと、士業の仕事はやりようがないと思います。あくまでクライアントに対して虚偽申請をしないよう教育をし続けるしか方法はありませんね。

上記条文を入れておくことは良いことだと思いますので、是非入れられておいてください。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 週の所定労働時間を定めずに就労させている労働者の社会保険料の計算方法

  2. 出張時に従業員が死亡した場合、会社加入の保険金はどう分配するか

  3. 株主に対する法的な回答義務があるか

  4. 出勤した後現場に向かう際の移動時間も給与対象としたい

  5. 退職後の役員への損害賠償の可否について

  6. 未払いの給与があるが、暴力を振るわれるため受け取りに行くのが怖い

  7. パワハラの被害を理由に数日業務を行わない従業員の賃金について

  8. 年俸制の最低賃金の計算方法について

PAGE TOP