宿日直手当が支給される場合の割増賃金単価について

◯事案の概要

宿日直勤務が適法になされ、基準通りの宿日直手当が支給された場合、1時間あたりの割増賃金単価に当該宿日直手当を算入しなければならないか

◯相談内容

宿日直手当が支給される場合の割増賃金単価についてご相談です。宿日直勤務が適法になされ、基準通りの宿日直手当が支給された場合、1時間あたりの割増賃金単価に当該宿日直手当を算入しなければならないのでしょうか?

私としては、労基法第41条から考えると残業単価への算入はしなくても良いと思っております。

◯菰田弁護士の回答

労基法41条というのは何の話でしょうか?ちょっとそこが分からないですが、そこは無視して回答しますね。

まず、割増賃金の基礎賃金とは、労基法37条1項で「通常の労働時間又は労働日の賃金」とされております。しかし、宿日直手当というものは、所定労働時間を超えて宿直した際に払われた対価であって、所定労働時間の勤務分に対する対価ではないので、「通常の労働時間又は労働日の賃金」には該当しません。
ですので、割増賃金の計算基礎には入りませんね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 合同会社の利益配当について

  2. 免許の取得費用を会社が負担し、勤続年数によっては返還を求めるという誓約…

  3. 副業者の労働時間の把握について

  4. 社労士以外が死後事務委任契約業務として年金関係の手続きを行うことはでき…

  5. 包括遺贈または遺言と被相続人名義の預金口座の取扱について

  6. 売上に連動した時間外手当の有効性について

  7. 自社の従業員に、自社店舗のすぐ隣の店(他社)での副業を認めても問題ない…

  8. 引き継ぎをせず退職する従業員に対する就業規則

最新記事

PAGE TOP