デイサービスの職員が未成年の利用者から肩を叩かれてケガをした

◯事案の概要

デイサービスの職員が未成年の利用者から肩を叩かれてケガをしたが、これは第3者行為災害にあたるのか

◯相談内容

①デイサービスの職員が利用者から肩を叩かれたことでケガをしてしまいました。
(障害があるということでコミュニケーションの手段として職員の肩を叩いたようです)
この場合、第3者行為災害にあたるのでしょうか?(障害者であり未成年なのでどうなのかと思いまして)
宜しくお願い申し上げます。

◯菰田弁護士の回答

単なるケンカだと業務と因果関係がないので、第三者行為災害にはならず、労災対象になりませんが、あくまで業務中の出来事ですので該当します。加害者が障害者であることや未成年であることは特に関係ありませんので、業務と因果関係があるかどうかがポイントとなります。

◯その後の相談内容

先生、ありがとうございます。第3者行為災害になるとすると、いずれは行政から親御さんに請求がなされるということになるのでしょうか?

今回の内容だと第3者の行為が故意でも過失でもないと思うので、第3者行為災害にはあたらず通常の労災のような気もしています。

◯菰田弁護士の回答

故意も過失もないんですかね?だったら第三者行為災害にはならないので、単なる業務災害として労災ですね。親御さんへの求償もありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 半日有給の時間数が午前と午後で異なることに不満を持つ従業員への対応

  2. 競業避止義務違反と秘密保持

  3. 派遣業を持たない会社から別の会社に労働者を派遣したい

  4. 一般社団法人で役員報酬ではなく一般職員として給料を払う場合、最低賃金の…

  5. 顧問先の従業員から直接社労士事務所にクレームが入った

  6. 宿日直手当が支給される場合の割増賃金単価について

  7. 退職代行業者ではなく従業員本人と話したい

  8. ユニオンに対する評価内容等の開示を英文で行うことについて

最新記事

PAGE TOP